2015年07月17日

照明付きワイヤレスサイコンならCAT EYE CC-MC200W

ミストラルに付けっぱなしにしておくサイコンとして選んだのは、キャットアイのCC-MC200W

DSC03500.JPG
(Cyber-shot DSC-RX100M2)

安い、ワイヤレス、照明付きとなればこれしかないかも。

DSC03503.JPG
(Cyber-shot DSC-RX100M2)

ワイヤレスなのですっきりとステムかハンドルバーに取り付け可能。
ハンドルはブルホーンに変更して幅が狭くなり色々付いてるので、ステムに装着。

DSC03504.JPG
(Cyber-shot DSC-RX100M2)

センサーとマグネットの距離は5mmとかなりシビアなので、センサーをかなり斜めに装着してセンサーに近づけている。

DSC03507.JPG
(Cyber-shot DSC-RX100M2)

照明は思っていたより暗いけど、止まっている時に確認するなら充分なレベル。
ステムに付けていると視野角の問題もあり夜に走りながらは数値の確認は不可能でございました。
一定時間が経過すると照明の設定が勝手にOFFになるのはちょっと鬱陶しいけど、電池を長持ちさせるためには仕方ないのかな。

一度最高速が100キロオーバーと変な数字が出たけど、それ以外は動作も問題なし。

DSCF2304.JPG
(FUJIFILM X-A1)

サイコン+PanoBike+アプリの合計金額が、

4377円+4818円+600円=9795円

と1万円以下で非常に満足度の高いシステムが出来上がった♪

DSCF2312.JPG
(FUJIFILM X-A1)

見た目もなかなかかっこいい。

DSCF2194.JPG
(FUJIFILM X-A1)




posted by てつ at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | GIOS MISTRAL Blue Edition

なるべく安くケイデンスを表示するならPanoBike

ダイエット目的でも効率的なのはケイデンス(1分間のクランク回転数)90くらいだということで、一度ケイデンスを見たいなって思ってたんだけど、ケイデンスセンサー付のサイクルコンピュータは高いのよね。

希望のサイコンは、高くても1.5万くらいまでで「ケイデンスも測定できてスマホと連携できて照明付き」だったんだけど2つは満たしても3つ満たしているのは全然ない。
できれば1万以下に抑えたいんだけど、まあそんなのは全く見当たらない。

随分長い間悩んでその間iPhoneのアプリを使ってたんだけど、そのアプリを有償のPro版にアップしてBluetooth接続のセンサーのみ追加したらケイデンスも表示できるようになるらしい。

Runtastic Road Bike PRO GPS サイクルコンピュータ

アプリが600円で、センサーが5000円弱。
この値段でほぼ理想通りのサイコンが手に入るのであれば、行くしかないでしょう♪

てなわけで、Road Bike Proとの接続実績が高いTOPEAK パノバイク ブルートゥース スマート スピード & ケイデンス センサーを購入。

その名の通りスピードとケイデンスを計測できるセンサーだ。

IMG_8588.JPG
(iPhone6Plus 128GB)

これを付けるとスピードなんかも更に正確に測定できるようだ。

DSC01960.JPG
(Cyber-shot DSC-HX30V)

電池を入れてセンサーを取り付け、クランクとリアのスポークにマグネットを取り付けて距離の調整。
あとはアプリのほうでセンサーを認識させてタイヤのサイズを入力したら終了ととっても簡単。

image1.PNG

image2.PNG

のはずだったんだけど、センサーとマグネットの距離は25mmでいいってことだったので適当に付けてたら、スピードを認識しない。
センサーとしては兼用なのでケイデンスのマグネットを認識した時点でアプリ上はOKになってしまうようだ。
スピードセンサーを認識しないと、センサーなしでGPSのみで走っていた時と違って全く走っていないことになるらしくスピード0kmで距離は0mのまま。
これはイケてないので一旦センサーの認識を解除して帰ってから調整。

結局クランクとスポーク両方のマグネットを2段重ねにして更にセンサーとの距離を微妙に調整したらちゃんと認識するようになった。

IMG_8681.JPG
(iPhone6Plus 128GB)

マグネットはちゃんと付属しています。
2段重ねだけどマグネットは強力なので、取り付けしてから200km近く走ったけど飛んでいったりとかはなさそうです。

アプリの設定を変更してケイデンスを見やすいところに表示。

image3.PNG

これいいっすよ〜♪

走りながらケイデンスを確認できるのはもちろん、走行後にアプリでスプリット毎のケイデンスなんかも確認することができる。

image1-1.PNG

image2-1.PNG

でもこれだけだど長距離走る場合に画面を表示したままだとiPhoneのバッテリーの消費が激しすぎるし、万が一バッテリーが切れた場合には何も表示できなくなるということで、もう一個安いサイコンを導入することによって安く満足度の高いシステムを構築しようとした訳だw

iPhone6Plusはでかすぎて、充電しながらトップチューブのバッグに入れることはできないので、充電するなら一旦バッテリー毎リュックに入れるなりしなければならないしね。

DSCF2376.JPG
(FUJIFILM X-A1)

まあ専用のメーターがついてる方がかっこいいというおっさん脳も影響しているのは間違いない(笑)

というわけで、それはまた次回に。

posted by てつ at 01:42| Comment(0) | TrackBack(0) | GIOS MISTRAL Blue Edition

2015年06月14日

最近のミストラル

ミストラルを購入してから約4ヶ月半。
走った距離は約600キロ。
多いのか少ないのか、帰宅後に10キロ強の距離を走ったり休みの日には少し多めに走ったりとダイエットのためマイペースでやっております。

サイクルコンピュータについては色々調べているんだけど決めきれなかったので、iPhoneのアプリRuntastic Road Bikeを使用。

IMG_8539.PNG

んで最近ちょっと思うところがあって、Road Bike Proにアップグレードしました。

それはまた次回に置いといて、ミストラルの現在の姿はこれ。

DSC01763.JPG
(Cyber-shot DSC-HX30V)

DSC01755.JPG
(Cyber-shot DSC-HX30V)

ブルホーンハンドルになってサドルも赤くなってブルーエディションを買った意味ほとんどないし(笑)

DSC03495.JPG
(Cyber-shot DSC-RX100M2)

台湾からヤフオクに出品されている440mm幅のブルホーンバーを使用し、ブレーキレバーなんかはそのまま使用。
GIOSのバーエンドキャップを使いたかったので、バーテープはGIOSの黒にしてみました。
初めてにしてはまあまあなんとか見れるレベルでは巻けた模様w
posted by てつ at 02:21| Comment(0) | TrackBack(0) | GIOS MISTRAL Blue Edition

2015年04月06日

LAZER NEON

クロスバイクに乗るにあたって、スピードもかなり出るし車道を走るとなると万が一を考えたらやっぱヘルメットはいるよなということで、サイクリング前に近所のサイクルベースあさひへ行って物色。
こればっかりは、頭に合う合わないがあるようなので実物を見て買おうかと。

最初は自転車ではトップメーカーで手持ちのバイク用ヘルメットと同じOGKにしようと思っていたんだけど、被ってみるとなんかしっくりこない。
どないしようかなと思っていたら、LAZERNEONってやつがダイヤルをくるくるやるだけで頭の全周にフィットするように締まっていくロールシスシステムってやつを採用していると書いてあった。
ものは試しに被ってみたら、抜群のフィット感♪
OGKと取っ替え引っ替え被ってみたけど、あきらかにNEONのほうがフィットする。

LAZERはなんとなく名前だけ聞いたことがあるって感じだったので、手持ちのiPhoneでちょっとだけ調べてみたら、ベルギーのメーカーでレースなんかでも使用できるちゃんとしたもので全く問題なさそう。

というわけで、LAZER NEONあさひ限定カラーってやつを買って来た。
サイズはM/L (55〜61cm)。

DSC03093.JPG
(Cyber-shot DSC-RX100M2)

クロスバイクってこともあり、いかにも被っていますッて感じのものは嫌だったのでこの自然なデザインがいい感じ。

DSC03095.JPG
(Cyber-shot DSC-RX100M2)

そして、後頭部を支えるバスケットの深さが変えられる"アジャスタブル ヘッド バスケットも装備。

DSCF5504-3.jpg
(FUJIFILM XF1)

というわけで、サイクリングに出るときは必ず被っていますが、フィット感もよく長時間のサイクリングでも特に気になりません。

DSCF5505-3.jpg
(FUJIFILM XF1)

そしてもう一つ嬉しいのが、ロールシス内蔵型のテールライト。
点灯もしくは点滅させることができ、夜間の走行時の安全に貢献します。
まだ交換していないけど、使用電池はLR41を2個の模様。

IMG_7831.JPG
(FUJIFILM XF1)

ヘルメットとしては安い方だけど、満足度は高いです♪

DSCF5358.JPG
(FUJIFILM XF1)
posted by てつ at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | GIOS MISTRAL Blue Edition

2015年03月23日

GIOS MISTRAL Blue Edition

そして、もう一台の2輪車 ジオス ミストラルの限定車Blue Editionを購入。

去年から青が素敵なGIOSのクロモリロードバイク フェニーチェが欲しいなと思っていたんだけど、CR-Xの修理代に消えていき自然消滅。

今年になって急にまた欲しくなるが、ロードバイクはちょっと手が出ないのと、服装までお金が回らんってことでクロスバイクはどうよ??って探し始めたら、フェニーチェと同じくGIOSミストラルってのがコスパがいいらしいと。
んで更に調べていたら、秋にブルーエディションってのが出たらしいと。

おお!シートポストやハンドルが黒くてかっこいいぞ!サドルも青いしこれ欲しい!って思ったが、探し始めたのは1月の半ば。
如何せん出てから時間が経ちすぎ。

やっぱないよね〜って思っていたら、なんとカンザキバイクの千里山のHPに在庫ありってなっているのを発見。確認の電話を入れるか少し悩む。
そして、やはり速攻電話(笑)

奇跡的に俺様の身長に合うサイズの在庫が1台だけあると。
逆にノーマルは在庫がないと。

お値段は税込42000円とかなりお買い得なお値段。
GIOSは2月から値上げするらしく、カンザキバイクではノーマルの次回入荷分までは今まで通りの値段だけど次からは値上げになると。

これはいくしかないよね〜、お金は秘蔵の新品ハチロクヘッドライトを売っぱらったらなんとかなるよね〜ってことで、めずらしくバレーボールが午後お休みだったまおを連れて千里山まで行ったのが1月24日の夕方(笑)

てなわけで、新品レビンヘッドライトと入れ替わりで我が家にやってきたGIOS MISTRAL Blue Edition
身長は179cmなのでサイズは520mm。

DSC03165.JPG
(Cyber-shot DSC-RX100M2)

2ヶ月近く経つというのにまだ100キロくらいしか走れていないんだけど、少しずつ手を入れていく予定です♪

DSCF5201-3.jpg
(FUJIFILM XF1)

暖かくなってきたので、頑張って乗って痩せるぞ!!wwwww

というわけで、「GIOS MISTRAL Blue Edition」のカテゴリも追加w
posted by てつ at 01:32| Comment(0) | TrackBack(0) | GIOS MISTRAL Blue Edition